ヘタクソなネットビジネス〜そのやり方では儲からない〜

「スマホだけで簡単に稼げます!」

「コロナに負けない!在宅ワーク」

みたいなキャッチコピーの広告、
時々見かけませんか?

もうこれだけで「ヘタクソかよ」って思いますよね。
全然ひかれないし、
逆にどうすればそんな胡散臭さ全開のキャッチコピーを堂々と出すことができるのか疑問。

私も教員を辞めてからずっと、ボイストレーナー、SNSコンサルタントとしてネットを活用して集客したり、イベントを開催したりしてきました。

いろんな勉強会やセミナーに行って、
いろんな手法を学んできました。

うまくいったものもあれば、
うまくいかなかったものもあります。

そんな中で「いや、それだけはやっちゃダメでしょ」

というやり方もたくさん見てきました。

今回はそんな私が、こういうネットビジネスだけは絶対儲からないから手を出すなというテーマでお送りします。

最後の方では逆に「ネットビジネスの基本はこれだよ!」というネットビジネスの王道的なやり方についてもお伝えしていますので、
ぜひ最後までお読みください。

いきなりDMを送りつける

まず最初は「いきなりDMを送りつける」やつね。

例えばこんな感じ。

はじめまして!

いきなりですがインスタで稼ぐことに興味ありませんか?
1日30分、スマホだけで稼げます。

私は〜〜〜で、〜〜〜〜です。

今、もうインスタだけで稼げる時代がはじまっています。
興味あったらぜひ返信ください。

誰もが一度は目にしたことありますよね。

最近はちょっと減ったのかな?

こういうDMによく書かれているセリフとしては、

「今までにない最新のシステム」
「簡単に稼げる」
「そういう時代になっている」
「不労所得」
「賢い人たちはもうみんなやってる」

というようなセリフが挙げられます。

これはね、強烈に人をひきつけるキャッチコピー、マーケティング手法なんですよ。
これらのキャッチコピーをうまく使うことで、詐欺まがいの商品でも売ることができますが、もちろん良い商品を売る際にも活用できます。

私もよく使っています。
なので私もこのコピーを使って悪霊退散のお札売ろうと思えば売れるかもしれません。

それはともかく、こういうDMって来たら不快ですよね。

DMの通知来てたら「あれ?何かな?」と思って開くじゃないですか?
そしたら、こういうくだらない内容だった。
これ、めちゃ腹立ちますよね。

でも、こういうのに手を出す人って、そこに気づかないんですよ。
そこが致命的。

せめて「いつも見てます。〜〜がすごく共感しました」の一言でも添えられてれば読む気にもなるかもしれませんが、
もうその一言を添える気遣いすらもない。

圧倒的にセンスないです。

でも多分1000人ぐらい送ったら1人ぐらいは返信来るんでしょうね。
だから確率論で、数撃ちゃ当たるから、
とにかく送りまくれと上からも言われている。

コピペで送るだけなんで、作業的には誰でもできるし楽かもしれない。
でも精神的には全然楽ではないですよね。

ののしられることもあるだろうし、
友達に送ったら友達失うことになる。
ののしられること覚悟で1日何百通も送り続ける。

私は絶対嫌です。

なので、こういうタイプのネットビジネスには手を出してはいけないなと思います。

フォローした瞬間に宣伝

これと似たような手法で

「フォローした瞬間に宣伝してくる」

っていう手法もあります。

これもよくあります。

Facebookで友達申請来たり、
Twitterでフォローされたりして、
フォロー返すじゃないですか?

ここまでは別にいいんですよ。
誰でもウエルカムというかね、
むしろフォローしてくれたらうれしいし。

でも、その瞬間にDM来て、

「あ、DMだ、誰かな?なんか誰かから用事かな」と思って見るじゃないですか?
そしたら

フォローありがとうございます。

私は〇〇というものです。
〜〜〜というビジネスをやっています。

良かったらぜひ登録お願いします。

みたいな。

開いて損したわって思います。

これもね、惜しいんですよ。
100%間違いではない。

ちゃんと挨拶することも大事だし。
フォローしてくれてありがとうって感謝を伝えるのも悪いことではない。

でも相手は通知が来てたら、人によっては
「もしかしたら緊急の用件かも」と思って、
見るわけですよね。

そしたら、宣伝だったて…。

これもね。
「いつも見てます。〜〜については私も同感でした」
とか、その一言があれば全然いいんですよ。

そこの配慮すらもない。

一方的な宣伝、一方的な押し売りのために、
アプリを起動させられたことに腹が立ちます。

釣りマーケティング

「○○で人を釣る」ってよくいうじゃないですか?

例えば、「タイトルで客を釣る」とか。
私も「地震来ません」ってタイトルの動画で
「釣りタイトルじゃねえか」と散々言われました笑

Facebookとか、Twitterだとよく

「今日も午前中でやること終わり。
 午後はスタバでのんびり読書。
 本当、自分ビジネス構築して良かったわ。
 雇われるだけの人生なんてもうオワコンでしょ」

みなたいな「釣り」をしてる人、いますよね。

それで興味を持った人が
「自分ビジネス構築セミナーに興味あるんですが…」
と連絡してくる。

無理やり押し売りしている感じもしないし、
お客様の方から進んで買いにきてくれる感じなんで、
一見するとマーケティング的には上手いやり方だと思えるかもしれません。

でも。これもあまりオススメはしません。

これね、
だんだん飽きられてくるんですよ。

Facebookとかでも一時期こういう広告とか、投稿流行ったじゃないですか?
でも今はほぼ見ない。

Twitterとかインスタでもそうです。

そのプラットフォームが成熟してくるとそれに伴って
この方法通用しなくなります。

だから、YouTubeなんかはまだ急成長している家庭なので
このやり方通用するかもしれませんね。

Vlogとか、オシャレなお店とかで釣っておいて、
「あなたも人生を変えよう!オンラインサロンのお申し込みはこちら」みたいに説明欄に書いておけば。

でも、YouTubeの成熟とともに、
この手法は通用しなくなります。

ネットビジネスの基本

じゃあ、どうしていくのが上手いやり方なのかというと、
ネットビジネスの基本はズバリ
「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」
です。

作家の神田昌典さんが日本に輸入してきたと言われています。

これはどういう手法かというと

 1、まず多くの人が興味を持ってくれるような情報を発信する

 2、それで興味を持って「さらに深く知りたい人はメルマガ登録」

 3、メルマガの中で販売情報を提供する

という流れです。

いきなり大多数に向けてセールスするのではなく、
レスポンスしてくれた人にだけ、セールスしていくこということです。

いきなり大多数の人に向けてセールスしたり、
DMで見ず知らずの人にセールスしたりするのは例えていうなら、
駅の地下で見ず知らずの人に声をかけまくって「車買いませんか〜?」と言っているのと同じです。

1000人ぐらい声をかければ1人ぐらいは返事をしてくれるかもしれませんが、
それ以外の大多数の人からはまるで汚いものを見るような目で見られることになります。

じゃあ、これが例えば、車の展示会を見に来た人だったらどうでしょう?

そこに来た人に声をかけるのは問題ないですよね。
むしろそういう情報が欲しくて来てる人も多いですよね。

そういうことなんですよ。

リアルではこれちょっと考えればわかるんですが、
ネットだとなぜかこの重要な点を見失ってしまう人が多いです。

ちなみにここではメルマガ、としていますが、これはLINEでもいいし、Facebookのグループでもいいです。

一番重要なのはまず信頼を勝ち取ること

最後に、これはリアルでもネットでも同じなのですが、
もっとも重要なのは、お客様との信頼関係を築くことです。

例えば、
デパート入ってきた瞬間に店員から「これ今セール中なんですがどうですか??」と全く興味ない品を勧めてこられたらどうでしょう?

警戒しますよね。
いや、それ買いにきたんじゃないんで。となりますよね。

でもこれが、じゃあ服屋さんに入って、
どっちがいいかな?と迷ってる時にサッと店員さんが声かけてきてくれたらどうでしょうね?
それだったらうれしいですよね?

そんでいろいろ説明してくれて、打ち解けて、
「あ、ちなみに、今これセールやってるんですけど、これも合うかもしれませんよ?」

なんて言われたら、買ってしまいそうですよね。

そういうことなんですよ。

いきなり「売りつけまっせー」みたいなオーラ全開で、
情報押し付けてくる人は警戒されれる。

でも同じものを売ってたとしても、
信頼している人だったら、全然不快じゃないし、むしろうれしい。

これが人間の心理です。

ネットでモノやサービスを売る時に、これを忘れてしまう人が多いですが、
ここは絶対におさえておきましょう。