コミュニティ通貨の現状と問題点

「コミュニティ通貨」「コミュニティ内通貨」
というものが流行りのようで、
そのワードをよく耳にします。

信頼に基づく新しい通貨をつくり「GIVE」し合うというようなものだと思います。
理想はよくわかるのですが、
根本的にいろいろな問題をはらんでいるように思います。

今回は「コミュニティ通貨」について考えてみます。

仮想通貨と変わらない?

現在の貨幣経済は各国の政府が発行する「貨幣」を基軸とした経済です。
それに対抗して、新しい通貨をつくろう。
信頼できるシステムが構築できれば、
世界共通の新しい通貨ができる。

それが「仮想通貨」です。

コミュニティ通貨って、基本的にこれと同じ発想ですよね。
違いは、貨幣と交換可能か?
コミュニティ内か、グローバルか?ということぐらい。

基本的な発想は、仮想通貨とコミュニティ通貨は同じです。

昔は政府でないと、信頼できるシステムがつくれなかったのですが、
今は技術の発展により、個人や会社でもそれが可能になった。

それによって、
新しい通貨をつくろうという人が出てきたということです。

実際のお金と交換可能か?

もうひとつの違いは
「お金と交換可能かどうか?」ということです。

仮想通貨はお金と交換可能です。
そのレート差を利用して、
為替のようにトレードで儲けている人もいます。

コミュニティ通貨は多くの場合、
金銭とは交換できません。

しかし、
「1000ポイントで○○が利用できます」
となったら、これは実質的に金銭と同じです。

ポイントを持っていない人は1000円払っているのですから、
その代わりとして1000ポイントを払っているということになります。

お金に余裕がある人が勝つ?

「○○したら100ポイントもらえます」
ということについても、
それが時間や労働と変換できるものだとしたら、

労働(時間)→ 金銭
となるところを
労働(時間)→ ポイント
に変わったにすぎません。

しかも
日々の生活に追われて朝から晩まで働いている人は
そこに労働力を投入できません。

そのため、
結局はお金を持っていて、余裕がある人の方が
ポイントを稼げるということにもつながりかねません。

結局はお金(と時間)に余裕がある人が勝つ。
これではあまり意味がないと思うのです。

仮想通貨はインフレする

仮想通貨や、オンラインゲーム内の通貨は時間と共にインフレーションを起こしていきます。

これはほぼ必ずそうなります。

そうすると、運用する時間が長くなればなるほど、
古参と新規との間に、壁ができていきます。

コミュニティに入った人には1000ポイント授与。
でも、古参のメンバーはすでに30万ポイントもっている。

何かするにも、古参メンバーが絶対優位。

これでは現在の貨幣経済、資本主義経済と同じです。

コミュニティ通貨というものには可能性を感じますが、
これを成功させるには
まだまだいろいろな問題を解決していかなくてはなりません。